診療時間

ゴルフ肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • スイングすると肘の内側が痛い
  • ダフしてから肘が痛い
  • 手打ちになっていると指摘された
  • ゴルフ肘と診断された
  • もっとスコアを良くしたい

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)とは|井本接骨院

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)は肘と前腕をつないでいる筋肉の腱に炎症が起こった状態のことを指します。

主な痛みの箇所は、腱が付着している肘の内側の突起部分(上腕骨内側上顆)ですが、ときにその痛みは前腕や手首まで広がることもあります。

ゴルフ肘と呼ばれていますが、ゴルファーにだけ起こるものではありません。握る・前腕を回転させる・手首を屈曲させるような動きを繰り返し行うことで他のスポーツ(例えばテニス、ボーリング、野球など)でも発症します。

また、その他にも工具(ドライバーやトンカチなど)をよく使用したりする職人などでもみられるケガです。

こんなゴルファーはゴルフ肘に要注意

・スイング時に肘が脇から離れすぎている。

・手首中心でスイングしている。

・両肘に力を入れ過ぎた状態でスイングしている。

・グリップにも過度な力を入れてスイングしている。

・体の回旋運動を使わずに手打ちの状態になっている。

・手打ちを避けるために肘から下を固定しすぎている。

どのようにして起こるか|井本接骨院

ゴルフ肘は手首・手指をつかさどる筋肉・腱へのダメージで起こります。

このダメージは通常、繰り返しによるストレスもしくは急激な過度のストレスが関係しています。力づく(無理やり)の手首・手指の動き、例えば間違ったリフティング方法・投球・スウィングや、ウォーミングアップ不足などのコンディション不良などがケガへとつながります。

テニスなどのラケットを使用するスポーツでは、正しくないフォームでのストロークの繰り返しによって筋肉や腱にストレスがたまります。また、トップスピンを多用したり、ラケットが小さすぎるもしくは重すぎても肘に負荷がかかります。

また、野球やソフトボールの様なオーバーヘッドスローを要するスポーツで、不適切なフォームでの投球もゴルフ肘の原因となります。他にはアメフト、アーチェリーや陸上競技のやり投げがあります。

スポーツ以外の場合、建設工事・配管工事・大工仕事などの繰返しの重労働(重いものを持ち上げる・持ち運ぶなど)でも引き起こす可能性があります。

どの原因であっても単純な回数で起こるのではなく、一日一時間以上を何日も繰り返すことのストレスで発症することが多いケガです。

一般的な症状

痛み

肘の内側に痛みを感じますが、時に前腕部まで広がることもあります。

ハリ

肘にハリを感じることがあります。握りこぶしをすると痛みます。

弱さ

手や手首が弱くなったような感覚を感じます。

しびれ

上腕骨内側上顆の下には大きな神経が通っている為、ゴルフ肘の影響で神経が圧迫されたりすると、薬指や小指にしびれを感じることがあります。

ゴルフ肘の痛みの改善方法|井本接骨院

名古屋市南区井本接骨院ではゴルフ肘に対して当院独自の「モーションプレス整体」という人の身体が本来持っている骨盤、脊柱、下肢、肩甲骨などの動きや連動性を取り戻す施術法を行います。身体の歪みを改善し負担がかからない身体へ導くことにより、ゴルフのスイングでの骨盤・体幹・肩・腕・手首の複雑な連動運動によって成り立ちます。

モーションプレス整体は関節に負担をかけないバキバキしないソフトな整体のため誰でも安心して受けられ、痛みの強い初期から施術をすることが可能です。それにより関節の動きをなめらかにし痛みの緩和と上肢の筋肉が固まることを防ぎ早期回復を目指します。

井本接骨院の施術の流れ|井本接骨院

名古屋市南区井本接骨院でははじめに記入して頂いた問診表をもとにカウンセリングを行い現在の痛みや動きの制限などの症状、生活習慣を丁寧にお聞きしていきます。いつからどのような痛みが出始めたのか、どのような動作で痛みが出るのか、生活や仕事に支障がでたりしていないかを確認し、痛みの原因の場所を特定します。

さらに名古屋市南区井本接骨院では「シセイカルテ」という最先端AI姿勢分析システムを導入しています。お身体の写真を撮らせて頂きそこから得られた普段の姿勢や身体のクセ、日常生活での負担がかかる部位を導き出しお一人おひとりの身体にあったオーダーメイドな施術内容を決定します。

ゴルフ肘で痛みが強く、日常生活に支障が出る場合は痛みや炎症反応を抑える効果のあるアキュスコープという微弱電流治療を合わせて行い早期回復を目指します。アキュスコープとは身体の細胞に微弱電流を流すことで乱れた体内電流を整えることにより本来、人が持っている自己修復力を高めることが出来る機器で近年プロスポーツの現場でも活用されています。

ゴルフ肘の痛みを放っておくと痛みが長引くだけでなく悪化することもあり、腕に痺れがでる等の神経症状を引き起こす可能性もあります。また痛みが軽くなっても根本から改善しておかないと動きづらさが残ってしまいます。まずは強い痛みを取り除き負担のかからない身体を一緒に作り上げていきましょう。ゴルフ肘でお悩みの方は名古屋市南区の井本接骨院までご相談ください。

【Q&A】

Q,なぜ肘がいたくなるの?

A,原因はそれぞれ何か問題を抱えているからです。

名古屋市南区井本接骨院では症状の程度や痛みのひどい箇所などから判断し、原因や注意事項など説明させていただきながら施術をすすめてまいります。

Q,治療の目安は?

A,症状の程度、治療の頻度により大きく差が出ます。

比較的、頻回に治療を受けていただいて約1週間である程度痛みの軽減具合など感じていただけるかと思います。

Q,治りますか?

A,明らかな使いすぎによる急性発症は、比較的治りやすいです。

慢性化したものは、組織の変性や中枢痛覚回路の異常なども関与し時間がかかります。

Q,注射は有効ですか?

A,日本整形外科学会「外側上顆炎診療ガイドライン」によると、短期的には有効だが長期的な有効性はない。とされています。

Q,サポーターは付けたほうがよいですか?

A,上述のガイドラインでは、使用する事を弱く推奨するとされています。

また、テニス肘、ゴルフ肘専用のサポーターである事が条件となります。

井本接骨院へのお問い合わせ

TEL

住所
〒457-0058
愛知県名古屋市南区前浜通7-5-1
アクセス
駐車場9台完備
本笠寺駅から徒歩30秒!

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

症状別メニュー【肩】

症状別メニュー【背中】

症状別メニュー【自律神経】

症状別メニュー【首】

症状別メニュー【上肢】

  • スタッフブログ
  • LINE
  • YouTube
  • Facebook