診療時間

腰椎椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰やおしりの痛みが取れない
  • 足の方にも痛みやしびれが出てきた
  • 足に力が入りにくい、感覚がにぶい気がする
  • 長時間座っていることが出来ない
  • 前かがみの姿勢がつらい
  • ブロック注射や手術をすすめられた

腰椎椎間板ヘルニアとは|井本接骨院

腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間にある椎間板というものの一部が飛び出して神経に当たり、足の痛み、しびれなどの症状が出る病気です。椎間板は背骨の骨と骨の間のクッションの役割をしており、椎間板のおかげで背骨がしなやかに動くことができます。背骨の後ろ側には脊柱管という骨に囲まれた空間があり、この中には脳と手足をつなぐ神経が通っています。

椎間板に負担がかかり、椎間板内部にある髄核という組織が外に飛び出して神経が押されると、腰や足の痛みや力が入らないといった神経症状が出現します。腰椎椎間板ヘルニアは、高齢者よりも20代から40代にかけての比較的若い男性に多い病気です。前かがみや中腰の姿勢を長時間続けたり、重たいものを急に持ち上げたりしたときなどに発症する危険性があります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状|井本接骨院

腰椎椎間板ヘルニアでは、主にお尻や足の痛み・しびれ、動かしにくい、力が入りにくいという症状が出ます。痛みやしびれは下半身のどこにでも出る可能性がありますが、特にお尻から太ももの裏側の痛みは坐骨神経痛と呼ばれ、腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状です。

足の症状が出る前に、腰の痛みだけを感じることもあります。

急に症状が出ることもあれば、徐々に出ることもあります。神経が非常に強く押されている場合にはおしっこやお通じが出にくい、漏れてしまうという症状が出ることもあります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因とは|井本接骨院

名古屋市南区井本接骨院が考える椎間板ヘルニアの原因は一つではありません。今までに報告されているものとして、20~40歳代の男性、重労働者、長時間のデスクワーク、車の運転、喫煙などが腰椎椎間板ヘルニアになりやすい原因として指摘されています。複数の要因が合わさって発症することが多いです。

腰椎椎間板ヘルニアの診断|井本接骨院

症状、経過、身体の診察の結果、レントゲン、MRI検査などを総合して診断します。

ヘルニアを目に見える形で確認するにはMRI検査が有用です。しかしMRIでヘルニアが写っていたとしても痛みやしびれの原因が他にある場合や、画像所見と実際の痛みが一致しなかったりすることもあります。ヘルニアがあるからといって必ず手術が必要というわけではなく、その前にできる対策や手段はたくさんありますので諦めずに手術をしないで解消する方法を一緒に考えていきましょう。

腰椎椎間板ヘルニアの改善方法

腰椎椎間板ヘルニアを悪化させないポイントは、「なるべく重いものをもたない」、「長時間同じ姿勢をとらない」、「激しい運動はさける」、「肥満しているようであれば減量する」、「腰周辺の筋力をつける」といったことが挙げられます。また、ホットパックを利用したりお風呂に入るなど、患部を温めると痛みが和らぐこともあります。

しかし腰椎椎間板ヘルニアを根本から改善するためには、骨格や骨盤の歪みを取り除き、負担のかからない姿勢で生活することが重要になっていきます。

名古屋市南区井本接骨院では腰椎椎間板ヘルニアに対して当院独自の「モーションプレス整体」という人の身体が本来持っている骨盤、脊柱、下肢、肩甲骨などの動きや連動性を取り戻す施術法を行います。身体の歪みを改善し負担がかからない身体へ導くことにより日常生活で繰り返しかかる腰まわりへのストレスを減らします。モーションプレス整体は関節に負担をかけないバキバキしないソフトな整体のため誰でも安心して受けられ、痛みの強い初期から施術をすることが可能です。

それにより痛みやしびれの緩和と腰まわりの筋肉が固まることを防ぎ早期回復を目指します。

井本接骨院の施術の流れ

名古屋市南区井本接骨院でははじめに記入して頂いた問診表をもとにカウンセリングを行い現在の痛みやしびれ、歩行距離などの症状、生活習慣を丁寧にお聞きしていきます。

いつからどのような痛みが出始めたのか、どのような動作で痛みが出るのか、生活や仕事に支障がでたりしていないかを確認し、痛みの原因の場所を特定します。

さらに名古屋市南区井本接骨院では「シセイカルテ」という最先端AI姿勢分析システムを導入しています。お身体の写真を撮らせて頂きそこから得られた普段の姿勢や身体のクセ、日常生活での負担がかかる部位を導き出しお一人おひとりの身体にあったオーダーメイドな施術内容を決定します。

腰椎椎間板ヘルニアで痛みやしびれが強く、日常生活に支障が出る場合は痛みや炎症反応を抑える効果のあるアキュスコープという微弱電流治療を合わせて行い早期回復を目指します。

アキュスコープとは身体の細胞に微弱電流を流すことで乱れた体内電流を整えることにより本来、人が持っている自己修復力を高めることが出来る機器で近年プロスポーツの現場でも活用されています。

腰椎椎間板ヘルニアは放っておくと痛みやしびれが長引くだけでなく悪化することもあり、歩行が困難になる、座っていられなくなる、排せつをうまく出来なくなるといった重篤な症状を引き起こすこともあります。なるべく早く原因を見つけ治療を行うことが大切ですので痛みやしびれが続いている場合や安静にしていても痛む、足に力が入らないなどの症状がある場合は名古屋市南区井本接骨院までご相談ください。

Q&A 名古屋市南区井本接骨院

Q1.腰椎椎間板ヘルニアを早く治すには寝ていればいいですか?

A.必ずしも安静にする必要はありませんが、姿勢や動き方によって痛みやしびれが出る場合、その状態では神経が刺激されている可能性がありますので、なるべく症状が出ないような生活を心掛けた方がよいでしょう。

Q2.病院で手術をすすめられました。必ず手術をしなければなりませんか?

A.手術は最終手段であり、その前にできる対策や手段はたくさんあります。MRIの結果がすべてではないので諦めずに手術をしないで解消する方法を一緒に考えていきましょう。

井本接骨院へのお問い合わせ

TEL

住所
〒457-0058
愛知県名古屋市南区前浜通7-5-1
アクセス
駐車場9台完備
本笠寺駅から徒歩30秒!

診療時間