診療時間

膝痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝が痛くて長時間歩けない
  • 膝をしっかり曲げることができない
  • 立ち上がるとき、歩き始めるときなど動作を始めるときに膝が痛む
  • 階段の上り下りがつらい
  • ヒアルロン酸を注射しても何日かするとまた痛みが出る
  • サプリメントをずっと飲んでいるが効果を感じない

なぜ膝痛を引き起こすのか?|井本接骨院

膝痛の原因は膝関節への負担が原因と考えられています。膝関節とは、向かい合う関節が凸を有する大腿骨と、平面に近い凹を有する脛骨上面の関節の2つの関節のことを総称したものです。これらが組み合って身体の柱となって体重を支えたり、それらが曲がることによって身体を動かすことができる為、膝関節は下肢の関節の中で最も大事な関節と考えられています。

これらの骨と骨との間には半月板と呼ばれる部位が大腿骨と呼ばれる骨の丸みの隙間を補っており、この大腿骨をうまく誘導して無理な負荷がかからないように滑走して機能しています。

これを横から支える側副靱帯と、前後の動揺を支える十字靱帯、ひざの曲げ伸ばしに働く膝蓋靱帯など、様々な部位がそれぞれ精巧に機能して膝の動きを助けています。しかし、体重の負荷や移動などでこれらの部位が摩耗され、また加齢とともに固くなってしまうことで、組織としての機能性に乏しくなり、結果として膝が痛みを発するようになります。

膝痛が放置されてはならない理由とは?

膝の痛みは靱帯や筋肉への打撲などけがや傷害によるものが多くあり、初診の際に適切に判断する必要があります。変形性膝関節症をはじめX脚・O脚、鵞足炎など慢性的な膝の痛みにも適応しなければなりません。

変形性膝関節症の各段階の症状|井本接骨院

変形性膝関節症は時間をかけて進行し徐々に症状が重くなっていきます。

〇初期症状

起床後、カラダを動かし始めたときに膝のこわばりを感じます。起き上がったり、歩き出そうとしたりすると、何となく膝がこわばる。重くて動かしにくい、はっきりわからないような鈍い痛みを感じるなどの自覚症状が現れます。しかし、しばらくカラダを動かすと自然に収まるため、あまり気にならない場合が多いのです。そこから少し症状が進むと、正座や階段の上り下り、急に方向転換したときなどに痛みを生じるようになります。

〇中期症状

中期になると、しばらく休んでいたら治まっていた膝の痛みが、なかなか消えにくくなります。正座や深くしゃがみ込む動作、階段の上り下りなどが、ひざの痛みがつらくなり困難となります。関節内部の炎症が進むため、ひざが腫れて熱感も生じます。関節液の分泌量が増えるにしたがい、ひざの変形が目立つようになるほか、関節の動きが不安定になるため、歩くときしむような音がしたりします。

〇末期症状

関節の隙間が狭くなり、周りの組織が委縮します。このころには変形も多くなり、動きの取りにくい関節になってきます。初期、中期にみられた症状がすべて悪化して、普通に歩いたり、座ったり、しゃがんだりするのも困難になります。日常生活にも支障をきたし、行動範囲が狭くなるため、精神的な負担も大きくなりがちです。

このように膝の痛みは、段階を経て悪化していきます。ひざに生じているこわばりや違和感、痛みはもしかすると膝関節の初期症状化も?

思い当たる方は一度、名古屋市南区本笠寺駅前にある井本接骨院での施術を受けられてはいかがでしょうか?

名古屋市南区の井本接骨院が行う膝痛への施術とは?|井本接骨院

名古屋市南区の井本接骨院では急性の疾患か慢性のものか見極めたうえで、日常生活での中で最もカラダに負担がかかる部位を導き出し、お一人おひとりの身体にあったオーダーメイドな施術内容を決定します。まず、動的検査を行い、超音波、などで痛みの原因部位を確認したのち、AI姿勢診断を行い、日常生活での体への負担部位を確認したのち、モーションプレス整体を施します。

これは本来、人が持つ「カラダ」の動きを再生するテクニックです。

「正しい背骨の動きをよみがえらせる施術」で、関節に軽い圧着とひねりを加えて関節面を滑走させる施術です。関節の周りの組織(靱帯や関節包、腱、神経)のよみがえりや、骨の端にある軟骨から自ら滑液(ヒアルロン酸)を滲出することによって、運動する関節が滑らかに動くことで、重力の負荷が一点にかからないように導き、身体が動くときに「バネのような吸収力とその反動で強い力が発揮できる」よう再生するテクニックです。

背骨がバネのように働き、まるで背中に羽が生えたようにカラダが軽く感じます!

このモーションプレス整体で痛みのある部位だけでなく、それに関連する関節の動きを健全化させ、ただ痛い箇所だけでなくそこに影響を及ぼす部位を一つ一つ紐解いていきます。根本的に改善を目指します。

さらに、ひざの痛みが強く、日常生活に支障が出る場合は痛みや炎症反応を早期に抑える効果のあるアキュスコープという微弱電流治療を合わせておこない、早期回復を目指します。

アキュスコープとは身体の細胞に微弱電流を流すことで乱れた体内電流を整える効果があり本来、人が持っている自己修復力を高めることが出来る機器で近年プロスポーツの現場でも活用されています。

ひざ痛は放っておくと腰痛や首痛、しびれを起こすだけでなく悪化することもあり、歩行が困難になる、座っていられなくなる、排せつをうまく出来なくなるといった重篤な症状を引き起こすこともあります。なるべく早く原因を見つけ治療を行うことが大切ですので痛みやしびれが続いている場合や安静にしていても痛む、脚に力が入らないなどの症状がある場合は名古屋市南区井本接骨院までご相談ください。

Q&A|井本接骨院

Q1. 運動不足だからよく歩いたほうがいいのでしょうか?

体全身の健康のためには歩行はいいことだと思います。しかし、痛みがひどい膝にとってはかえって悪い結果につながることもあります。水泳や水中歩行、自転車など膝に負担をかけない運動をこころがけることも重要です。

Q2.正しい歩き方が知りたい

井本接骨院では健康体操教室も開いており、そこでは正しい身体の使い方、歩き方を学ぶことが出来ます。激しい体操ではないので体力が不安な方も行えますのでお気軽にお尋ねください。

井本接骨院へのお問い合わせ

TEL

住所
〒457-0058
愛知県名古屋市南区前浜通7-5-1
アクセス
駐車場9台完備
本笠寺駅から徒歩30秒!

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

症状別メニュー【肩】

症状別メニュー【背中】

症状別メニュー【自律神経】

症状別メニュー【首】

症状別メニュー【上肢】

  • スタッフブログ
  • LINE
  • YouTube
  • Facebook