診療時間

腱鞘炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 指を動かすと痛い
  • 親指の付け根が腫れている
  • 腱鞘炎と診断されたが、どこへ行っていいか分からない
  • 朝起きると指がパキパキ撥ねる
  • 手を衝いたり、捻じると痛い

「腱鞘炎」とは|井本接骨院

腱鞘炎とは手首の運動を過度に繰り返すことで、手首を動かす筋肉(腱)の動きを円滑にする組織(腱鞘)が炎症を起こす疾患です。手首を動かす筋肉が炎症を起こす疾患・腱鞘炎

特に、親指の使い過ぎによる手首親指側の痛みを「ド・ケルバン病」、腱鞘炎が原因で指の曲げ伸ばしがバネのように制限されることや、曲げ伸ばしに痛みを伴う症状を「バネ指」と言います。

「腱鞘炎」の症状

腱鞘炎は、関節への負荷がかかり過ぎることが最大の原因とされています。そして、指が曲げづらいなどの関節のちょっとした違和感が初期症状として現れます。いつか治るだろうという安易な考えで放置してしまうと、重症化してしまい慢性的疾患に発展してしまうケースもあるので注意が必要です。その他の主な症状は下記の通りです。

・ 発症した箇所を動かす、触れると痛む

  (初期症状の際は瞬間的な不快な痛みですが、中期症状以降は引きつるような強い痛みへと変化します)

・ 発症した箇所が腫れる

・ 起床時に炎症患部が不自然に曲がった状態になっていて動かしづらいなど

「腱鞘炎」になる可能性があるかも?こんな方は要注意

□パソコンを長時間使う方

□スマホを長時間している

□子育てや家事をされている方

□文字を日常的にたくさん書く方

□ピアノなど指を使う楽器を演奏する方

□手指を多く使うスポーツを行う方

あなたの「腱鞘炎」がなかなか良くならない理由|井本接骨院

腱鞘炎は、関節への負荷がかかり過ぎることが最大の原因とされています。そして、指が曲げづらいなどの関節のちょっとした違和感が初期症状として現れます。いつか治るだろうという安易な考えで放置してしまうと、重症化してしまい慢性的疾患に発展してしまうケースもあるので注意が必要です。その他の主な症状は下記の通りです。

・ 発症した箇所を動かす、触れると痛む

  (初期症状の際は瞬間的な不快な痛みですが、中期症状以降は引きつるような強い痛みへと変化します)

・ 発症した箇所が腫れる

・ 起床時に炎症患部が不自然に曲がった状態になっていて動かしづらいなど

「腱鞘炎」になる可能性があるかも?こんな方は要注意|井本接骨院

腱鞘炎は、腱の周囲を覆っている腱鞘部分の炎症です。基本的な症状は患部の痛みと腫れに加えて、動かしづらさがあります。症状がひどくなると、痺れで動かなくなったり、局部が出っ張ったりします。このレベルの症状の場合、患部を冷やしても変化がなく痛みも長いです。そもそも、手や指に存在する腱はヒモのような形状をしています。

筋肉と連動して動かすことで、手首や指を自由に動かせるのです。腱鞘はそんな腱が動く際に骨から離れないように抑える役割があります。ただ、手首や指を頻繁に動かすと、腱と腱鞘が擦れ炎症が発生します。初めは小さな痛みでも、徐々に腫れて痛みが強まり腱鞘炎になります。

腱鞘炎は、中高年や手首や指を使う方に起こりやすい症状です。特に中高年は腱や腱鞘が硬くなり血行が悪いため、ちょっとした動作で痛みを感じやすいです。また、パソコンやマウスを多用している方も腱鞘炎予備軍といえます。腱鞘炎は早い段階での対処が必要です。痛みを放置しておくと、いずれ少し動かすだけで激痛が走り、日常生活に支障をきたす恐れがあります。

そんな腱鞘炎はどのように改善していけばいいのか?

実は、あなたの腱鞘炎がなかなか良くならないのには、ちゃんと理由があります。名古屋南区井本接骨院に来院された腱鞘炎にお困りの方が、楽になっていくのにも、同じようにちゃんと理由があります。腱鞘炎でお困りのほとんどの方が、痛み止めなどのお薬に頼っているか、もみほぐしやマッサージ、電気治療やストレッチなど、その場しのぎの一時的な対応しかしていないのです。そうなんです。それらは実は、根本的な解決法になっていないのです。

「腱鞘炎」は薬やマッサージでは根本的な解決になりません腱鞘炎を改善する場合は、患部を安静な状態にしましょう。痛みがある状態で手首や指を使えば、症状が悪化します。そのため、痛みが強い場合は薬の服用が考えられます。腱鞘炎の一般的な治療方法として有名なのが「抗炎症薬の内服・外用」です。多少の痛みなら抗炎症薬の内服・外用で改善するケースが多いようです。

ただ、抗炎症薬は、「痛みの感覚を強制的に止める」というだけで、根本的な痛みの原因を解消しているわけではありません。

ましてや抗炎症薬を長期に服用することで、胃腸の状態や睡眠のバランスを崩してしまうことは、副作用の項目を読めばわかります。根本的な解決にはならず、また自律神経のバランスなどを崩してしまう恐れもあります。鞘炎の痛みが治まるからといって、抗炎症薬の内服・外用の長期的な使用は控えてください。

また、強いもみほぐし、マッサージ、ストレッチも同じように根本的な解決になりません。

腱鞘炎を悪化させないためには動かさないことが重要です。

強いもみほぐし、マッサージ、ストレッチを行えば、より悪化する可能性もあります。

「腱鞘炎」の痛みの改善方法

名古屋市南区井本接骨院では腱鞘炎に対して当院独自の「モーションプレス整体」という人の身体が本来持っている骨盤、脊柱、下肢、肩甲骨などの動きや連動性を取り戻す施術法を行います。身体の歪みを改善し負担がかからない身体へ導くことにより、モーションプレス整体は関節に負担をかけないバキバキしないソフトな整体のため誰でも安心して受けられ、痛みの強い初期から施術をすることが可能です。

それにより関節の動きをなめらかにし痛みの緩和と手首周りの筋肉が固まることを防ぎ早期回復を目指します。

井本接骨院の施術の流|井本接骨院

名古屋市南区井本接骨院でははじめに記入して頂いた問診表をもとにカウンセリングを行い現在の痛みや動きの制限などの症状、生活習慣を丁寧にお聞きしていきます。いつからどのような痛みが出始めたのか、どのような動作で痛みが出るのか、生活や仕事に支障がでたりしていないかを確認し、痛みの原因の場所を特定します。

さらに名古屋市南区井本接骨院では「シセイカルテ」という最先端AI姿勢分析システムを導入しています。お身体の写真を撮らせて頂きそこから得られた普段の姿勢や身体のクセ、日常生活での負担がかかる部位を導き出しお一人おひとりの身体にあったオーダーメイドな施術内容を決定します。

腱鞘炎で痛みが強く、日常生活に支障が出る場合は痛みや炎症反応を抑える効果のあるアキュスコープという微弱電流治療を合わせて行い早期回復を目指します。アキュスコープとは身体の細胞に微弱電流を流すことで乱れた体内電流を整えることにより本来、が持っている自己修復力を高めることが出来る機器で近年プロスポーツの現場でも活用されています。

腱鞘炎の痛みを放っておくと痛みが長引くだけでなく悪化することもあり、腕に痺れがでる等の神経症状を引き起こす可能性もあります。また痛みが軽くなっても根本から改善しておかないと動きづらさが残ってしまいます。まずは強い痛みを取り除き負担のかからない身体を一緒に作り上げていきましょう。

腱鞘炎でお悩みの方は名古屋市南区の井本接骨院までご相談ください。

【Q&A】

Q、腱鞘炎が一番治りにくい部位はどこですか?

A、指が一番治りにくい部位です。指の構造的に筋肉が少なく血流が良くない部位だからです。しかし、的確な施術とアキュスコープで全身の血流を改善すれば治ります。ご安心ください。

Q、腱鞘炎にサポーターやテーピングは必要ですか?

A、一般的な対処療法を行いながら、長い時間をかけて自然と治ることを待つのであれば、サポーターやテーピングは必要となります。名古屋南区井本接骨院では独自の根本治療で早い段階で改善することができるので、サポーターやテーピングが必要になることはありません。

Q、何回ぐらいの施術で治りますか?

A、軽度であれば2~4回ほどで治ります。何年も治らなかった重度の場合でも、治療に通ってもらいながら、モーションプレステクニック(ストレッチ)を行ってもらえれば改善します。

井本接骨院へのお問い合わせ

TEL

住所
〒457-0058
愛知県名古屋市南区前浜通7-5-1
アクセス
駐車場9台完備
本笠寺駅から徒歩30秒!

診療時間

HOME

アクセス・料金

スタッフ紹介

症状別メニュー【肩】

症状別メニュー【背中】

症状別メニュー【自律神経】

症状別メニュー【首】

症状別メニュー【上肢】

  • スタッフブログ
  • LINE
  • YouTube
  • Facebook